四條畷市、健康度で「銀メダル」獲得

まり知られていない「チャレンジデー」。奮い話ですが、この5月25日に開催されましたが、要するに、毎年、都市対抗で“健康度”を競うゲームです。

開催当日、総人口の何パーセントが運動するか、を競うものです。どんなスポーツでも良く、要するに、連続15分以上の運動を申告した市民の数で勝負します。

今年エントリーしたのは全国77市町村、140万人で、我が四條畷市は2万7135人が参加し、筑後市(福岡県、総人口4万8052人)を破り、銀メダルに輝きました。ちなみに四條畷は総人口5万7793人ですから参加率が47%。筑後市は34.9%(当日参加者1万6792人)でしたので“勝利”したわけです。

そういえば、お年寄りなどが蠢いて、もとい、熱心に出歩いていたような気も。

ともかく、健康度アップにつながれば、嬉しいものですね。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です