路線記号が示すJR西日本のダメダメぶり…「学研都市線=G」ベストな解決案


四條畷(しじょうなわて)市で唯一の鉄道、JR片町(かたまち)線。愛称「学研都市(がっけんとし)線」で、イメージ色(ラインカラー)は黄緑色(下記、アマゾンのグッズ参照)だったのだが、いつの間にかピンク色に変わっていた。

なんでも、2014年8月6日に「路線記号」を導入した際、京橋駅で相互乗り入れ(直通運転)しているJR東西線の「桜桃色」に合わせた、とか。

で、不思議なのが、その路線記号。片町線には「H」が与えられている。なぜHなのか? 素直に考えれば、片町のK(atamachi)、あるいは、学研都市のG(akkentoshi)を与えるべきでしょ。


命名の基準について、JR西日本は、

==========
京都・大阪・神戸を結ぶJR京都線・JR神戸線を「A」、大阪市内を一周する大阪環状線を「O」として、分岐駅順にアルファベットを付与します。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_5993.html
==========

としている。なんだ、根拠ないままテキトーに割り振った次第。

そこで、よくよく路線記号を見ると、片町線(学研都市線)から(JR東西線を経由して)直通運転先の「福知山線(愛称JR宝塚線)=G」となっている。一方で、「おおさか東線=F」…だったら、3線の“本名”を考慮して

「福知山線(JR宝塚線)=F」
「片町線(学研都市線)=G」
「おおさか東線=H」

とすればスッキリ。

そもそも、路線記号を導入した理由について、JR西日本は「訪日外国人のお客様や国内の不慣れなお客様に対して、列車を利用する際のわかりやすさを向上させるため」と述べているのだから、

「FUKUCHIYAMA LINE(JR-TAKARAZUKA LINE)=G」
「KATAMACHI LINE(GAKKENTOSHI LINE)=H」
「OSAKA-HIGASHI=F」

なんて、ねじれ表記で、どこが分かりやすいのかしら。国鉄から民営化30年、この辺りが首都・東京と成長したJR東日本との差、悲しいかな、大阪的な企業、JR西日本の限界だろう。

カテゴリー: 経済 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です