1. ホーム
  2. テレビ、オーディオ、カメラ
  3. カメラ
  4. フィルムカメラ
  5. イルフォードジャパン 〔レンズ付きフィルム〕イルフォカラー ラピッド レトロ 27枚撮り、ISO400 ILFOCOLOR(イルフォカラー) 432980
【売り切り御免!】 定価の88%OFF イルフォードジャパン 〔レンズ付きフィルム〕イルフォカラー ラピッド レトロ 27枚撮り ISO400 ILFOCOLOR イルフォカラー 432980 nawate.info nawate.info

イルフォードジャパン 〔レンズ付きフィルム〕イルフォカラー ラピッド レトロ 27枚撮り、ISO400 ILFOCOLOR(イルフォカラー) 432980

531円

イルフォードジャパン 〔レンズ付きフィルム〕イルフォカラー ラピッド レトロ 27枚撮り、ISO400 ILFOCOLOR(イルフォカラー) 432980



イルフォードジャパン 〔レンズ付きフィルム〕イルフォカラー ラピッド レトロ 27枚撮り、ISO400 ILFOCOLOR(イルフォカラー) 432980

使い捨てカメラ レンズ付きフィルム 白黒フィルム TRI-X ISO400 27枚撮 単品 コダック Kodak
使い捨てカメラ レンズ付きフィルム 白黒フィルム TRI-X ISO400 27枚撮 単品 コダック Kodak

大人気モノクロフィルム「Tri-X 400TX」を装填したレンズ付きフィルムです。
フィルム特性そのままにフラッシュ付き27枚撮りのレンズ付きフィルムになりました。
トライXは微粒子の高解像度シャープネスが得られるモノクロフィルムです。

【仕様】
●本体サイズ:W127×D40×H69mm
●重さ:約138g

●フィルム種類:モノクロフィルム「Tri-X 400TX」
●フィルム感度:ISO400
●シャッタースピード:1/125秒
●絞り:f10
●固定焦点距離:30mm
●最短撮影距離:約1.3m

コダック/Kodak/KODAK/白黒フィルム/使い捨てカメラ/単品/27枚撮り/モノクロフィルム/トライ-X/黒白/フィルム付きカメラ




会社概要 メルマガ登録
お支払・送料 よくある質問
ショッピングカート お問い合わせ
お支払いについて

■各種クレジットカード 一括・分割・リボ払い利用可能


■代金引換
商品配送時に、配送員に現金でお支払い頂くシステムです。


■コンビニ支払い
●セブンイレブン ●ローソン ●ファミリーマート ●サークルKサンクス ●デイリーヤマザキ ●デイリーストア ●ミニストップ


■銀行振込
●みずほ銀行 ●楽天銀行

■モバイル決済
●ドコモケータイ払い ●ソフトバンクケータイ支払い ●auかんたん決済

■電子マネー

発送について

●お届け先により、宅配業者を使い分けております。
●宅配業者のご指定はできません。
●時間指定は下記の通りです。

下記の時間帯よりお選びいただけます。


●お急ぎの方は備考欄にその都度をお書きください。
●休日を挟んだ場合、ご希望の日時指定にお応え出来ない場合がございます。ご了承下さい。
送料・手数料について

11,000円以上(税込)お買上げで、送料が無料!
※届け先が北海道・沖縄県・離島の場合は当店で880円(税込)まで負担し、余額を請求させて頂きます。
※離島は別途追加料金が掛かる場合がございます。
全国(下記地域を除く 880円(税込)
北海道 1,870円(税込)
沖縄 1,870円(税込)
代引手数料 330円(税込)
コンビニ支払手数料 250円(非課税)
ペイジー支払手数料 200円(非課税)
振込手数料 お客様ご負担
営業時間・お問い合わせ

インターネットからのご注文は、24時間受付けております。
■営業時間 9:00~18:00
(日曜・祝祭日はメール返信・発送業務をお休みさせて頂きます。)

株式会社 ウイング
〒105-0014 東京都港区芝3-28-2(本社)

TEL:0120-973-828
FAX:0120-644-440
MAIL:yahoo@wing-vj.jp
パワークッションチームGC マリンシューズ メンズ レディース キッズ 川 海 砂浜 水中 軽量 コンパクト サンダル 便利 美濃焼 食器5種10ピースセット グレー×ピンク5,500円 ENDLESS エンドレス EB304SS ブレーキライン SWIVEL STEEL スイベル スチール 車両一台分セット23,100円 トミカプレミアム 11 日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nur【616】 ダイワ DE-8622 ドライメッシュ ロングスリーブシャツ ブラックライムヘクス XL5,236円 キングストン SSD Q500 240GB 2.5インチ SATA3 TLC NAND採用 SQ500S37/240G 正規店保証品 3年保証 トイレマット マット&フタカバーセット ディズニー フタカバー 単品 セット ミッキーマウス オレンジ4,620円 アスクル ホワイトボードマーカー インク容量2倍 青 2本 中字丸芯 オリジナル142円 [2個セット] 送料無料 洗顔 酵素 石鹸 毛穴 ケア いつかの石けん 100g 水橋保寿堂製薬 メーカー純正専用泡立て ネット 付き プロテアーゼ配合 お肌つるつる ライオン シュシュット! 植物生まれの消臭剤 ミントの香り 400ml 本体620円 【お取り寄せ】issei/ギルフラットスイマー #31 グリパンブルーフレーク スーパーミリオンヘアー レディースセット ブラックNo.1 1セット2,118円 障子レース 断熱遮熱ミラーレースde障子 蔦葛 断熱レース素材の障子用生地 感染対策 換気 専用両面テープ付 部屋が明るい 破れない 風が通る バリバス VAG-25 ファイティンググローブ XXL グリーンカモ5,143円 偏光サングラス メンズ レディース 伊達メガネ ウエリントン 色付き 薄い色 カラーレンズ 形態安定ノーアイロン ホリゾンタルワイド 半袖ビジネスワイシャツ3,990円 岡井 香梅水晶(鮫軟骨使用)700g ロゴス(LOGOS) BBQお掃除楽ちんシート・ワイド(極厚) 81314011 キャンプ バーベキュー (メンズ、レディース)

「逆合成解析」とは?基本的考え方から便利ソフトまでご紹介

複雑な化合物の構造を解析し、そのベストな合成ルートを合理的に立案する手法を「逆合成解析」と呼びます。本記事では、炭素の極性を基礎とした結合の切断、環形成の方法な…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

これで完璧!DNA精製→PCR→電気泳動の実験フロー

細胞からDNAを抽出、精製し、PCRにかけて電気泳動で確認するという実験は、ライフサイエンスの研究室だけでなく、生物学科の学生実習でも頻繁に行われています。 …

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

コクヨ ミニファイルボックス ブルー 青 レトロブング JB-RBFB10-2418円

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

超遠心不要、細胞タンパク質を4つの画分に分けて抽出する方法

タンパク質抽出を効率的かつ円滑に行うツール プロテオミクスにおいて重要な課題の一つは複雑なタンパク質混合物の精製です。これは発現量の少ないタンパク質を検出可能…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑦】タイトルページ・アブストラクト・引用文献

ジャーナルによってタイトルの書き方は異なる 論文の本文の執筆が終わったら、いよいよ仕上げにかかります。「タイトルページ」「アブストラクト」「引用文献」など、本…

がん研究で3D培養を行うメリット

がん治療薬開発の課題 抗がん剤の開発候補品のうち、ヒトでの治療効果が認められるものはどのくらいあるのでしょうか。実は意外と少なく、研究者たちの悩みの種となって…

逆相HPLCカラムを行う前に知っておいてほしいこと

8種類のオクタデシルシリルカラムを比較 オクタデシルシリル(以下、ODS)カラムは、逆相クロマトグラフィーでよく用いられるカラムです。汎用性が高く分析化学の領…

吸湿による試薬の固化を防ぐ「Redi-Dri™」とは

吸湿性試薬の「塊」に困っていませんか? 開封して時間が経つと、試薬ボトルの中で水分を吸収する吸湿性試薬。水分を吸収した試薬はボトルの中で固化し、塊を形成します…

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<注目ベンチャー>病気を「視る」薬を創る

2010年に大学発の技術を世に送り出すべく創業し、蛍光プローブの製造・販売を専門とする五稜化薬。唯一無二の製品で世界市場でも成功を収めています。そして現在同社は…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

【初めての論文投稿③】投稿するジャーナルの選び方

論文を書き始める前に投稿先を検討しよう 論文の投稿先選びは、ときに将来の進路を決めることもある重要なプロセスです。確認が不十分のまま執筆を始めてしまうと、大幅…

受容体拮抗薬を選ぶときの3つのポイント

拮抗薬の選択が実験の質を決める 生体内の受容体分子に作用して神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する受容体拮抗薬(アンタゴニスト)は、遮断薬や阻害剤とも呼ば…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

阻害剤マスターの道!酵素反応の実験系を正しく構築するには

酵素反応の実験系を構築するときの注意点とは 生化学的な酵素反応を定量するときは、さまざまな条件を考慮して実験系を構築します。特に最大反応速度の測定には、反応系…

押さえておきたい、ろ過手法とフィルターの基礎知識

ろ過の基本をマスターしよう ライフサイエンスの実験から身近な日常生活に至るまで、さまざまな分野で利用されている「ろ過」。例えば、ドリッパーとペーパーフィルター…

細胞間情報伝達を担う受容体の働きとは

受容体とは何か 多細胞生物の体内では、無数の細胞が連携して働いています。その複雑な共同作業を実現するため、細胞間では様々な情報伝達が行われていますが、その方法…

<研究最前線>触媒で編み出す100年来の新体系

新たな体系を作りたい 2018年、有機化学分野の若手研究者に与えられるベイダー賞の受賞者の一人に、佐藤弘規博士(当時テキサス大学オースティン校)が選ばれました…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

<研究者インタビュー>世界ではばたく背景にある“different”

中途での決断 ―佐藤さんのご経歴を教えて下さい。 研究の道の第一歩として、東京大学の中村栄一先生の研究室を選びました。そちらでは、鉄触媒を用いたC-H結合活…

タンパク質精製処理の時間短縮!Amicon Pro精製システムのすべて

タンパク質の精製処理を1つのデバイスに集約 タンパク質の構造や機能を解析するためには、高純度で高活性のタンパク質を確実に回収することが重要です。そのためタンパ…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

必ず押さえておきたい!DNAを取り扱う際の注意点

DNAの化学的・物理的性質を知る ライフサイエンスの研究者にとっては、なじみの深いDNA。しかし、その機能や原理についてよく知っていても、実はDNAの化学的・…

結合組織の消化に生かされる、粗精製コラゲナーゼとは

コラーゲンを分解する酵素、コラゲナーゼ コラゲナーゼとは、タンパク質の一種であるコラーゲンを分解する酵素のことで、ライフサイエンス実験では、主に細胞を分散させ…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

揮発性有機化合物との付き合い方、シックハウス症候群を例に

揮発性有機化合物が引き起こす「シックハウス症候群」 揮発性有機化合物(VOCs:Volatile Organic Compounds)は、実験のほかにも溶剤と…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

<研究最前線>平山祐-細胞内の「危険物」鉄イオンを追跡せよ

「フリーの鉄」の危険性 よく知られている通り、鉄はヘモグロビンや各種酸化還元酵素に含まれ、生体において不可欠な役割を演じています。このため人体内には常に4~5…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

燃料電池の要!高分子電解質「ナフィオン」とは

アポロ計画の燃料電池にも使われた「ナフィオン」 燃料電池の固体電解質および電解隔膜として根強いニーズを誇り、新たな用途を創出し続けるナフィオン(Nafion®…

プレプリント・サーバーとは 論文はネットで事前公開の時代に

論文が世に出るまで 研究者のみなさんならご存知の通り、一本の論文が公開されるまでには非常な手間ひまがかかっています。投稿された論文は、まずエディターが内容をチ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

研究成果の向上にもつながる化学物質の安全管理

化学物質の安全な取り扱いのために 日頃から実験、研究を行っている人にとって、化学物質は身近な存在です。しかし、それは常に危険と隣り合わせにあるということを意味…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

失敗しない研究室の選び方

研究室選びのために必要な3つのこと いったん所属すれば、毎日通って長時間過ごすことになる研究室。その選択が、将来の進路を左右することもあります。人生の大事な局…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

酵素阻害剤の分類と様々な可逆的阻害剤

酵素阻害剤の分類 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素の反応触媒能は、様々な低分子(阻害剤)が…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

カリマー(karrimor) コットン トートバッグ X SU-GSBJ-1201-07X-K.Blue Logo (メンズ、レディース)

研究や医療で活用される酵素阻害剤とは

酵素阻害剤の重要性 酵素阻害剤は、生物学的プロセスの研究に用いられるほか、疾患を緩和する治療薬や、殺虫剤、農薬など様々な用途で活用されています。 この記事の…

研究者が「ぼっち」から抜け出しネットワークを構築する方法

研究室でひとりぼっちは、むしろ絶好のチャンスと考える 多くの理系学部が4年で研究室に配属されます。同じ研究室に配属されるのは多くて数人、中には同じ学年はひとり…

<研究者インタビュー>丹羽節―有機化学で生命科学の新たな道を切り開く

異分野の研究者たちと交流を 理化学研究所生命機能科学研究センターでは、複数の異分野の科学者たちが協同してさまざまなプロジェクトが行われています。この記事では、…

身近に存在する揮発性有機化合物の影響、シックハウス問題を考える

VOCが引き起こすシックハウス症候群 VOCは実験のほかにも、溶剤として塗装、洗浄、印刷などの作業に幅広く使用されています。一方で、揮発性が高いため、目を刺激…

NMR溶媒を扱うコツとDouble Water Peaksについて

NMR溶媒を取り扱うときの4つのコツ NMR測定では、水素原子を重水素に置換した溶媒を使用します。普通の溶媒を用いると、溶媒の水素原子のピークに埋もれて試料の…

環境分析で暮らしを守る、メンブレンフィルターの役割

環境分析が暮らしを守る 実験でなにかとお世話になるメンブレンフィルター。実は産業廃棄物処理の現場でも活躍しています。産業廃棄物を処理するとき、日本では「廃棄物…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

使い分けが重要!メンブレンフィルターとプレフィルターの違いとは

有形物を表面で捕捉するメンブレンフィルター スクリーンフィルターや精密ろ過膜とも呼ばれるメンブレンフィルターは、一定の大きさの菌体や粒子などの有形物、不溶物を…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

ペプチド固相合成で用いる樹脂について(Fmoc法とBoc法)

ペプチド固相合成用樹脂とは ペプチド固相合成において、最初のアミノ酸のC末端の保護基として機能するのが不溶性樹脂担体です。反応させたいアミノ酸を樹脂に結合させ…

あすつく ledサインポール インテリア 理容店 理髪店 ヴィンテージ 美容室 h110cm 散髪 アンティーク 壁掛け デザイン barber 理容室 bsp-11013,900円

徹底検証!蒸留水とElix水の水質の違いと原因

RO膜と連続イオン交換によって精製されるElix水 RO膜と連続イオン交換によって精製されるElix水と、従来からよく使われている蒸留水は、分類上は同じ純水で…

学会で成功するプレゼンのコツ〜ポスター発表と口頭発表の極意

学会で上手く発表できるかどうかは準備次第 いくらデータが大量にあっても、その意味や面白さを限られた時間で伝えないと興味を持ってもらえないのが学会発表です。 …

医薬品の元素不純物ガイドラインと分析のための認証標準物質

元素不純物の混入レベルを管理するために 医薬品への金属の混入は「元素不純物」と呼ばれ、いくつもの汚染源から発生します。医薬品の合成時に意図的に添加される場合や…

タンパク質の凝集を防止する非界面活性剤NDSBのすすめ

タンパク質実験のお助けパウダーNDSB せっかく苦労してタンパク質を精製したのにNMRスペクトルを測定してみたら、サンプルが凝集していて分離したシグナルが得ら…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

生体サンプルからのダイレクトPCR

生体サンプルからのダイレクトPCRとは 通常のPCRでは、試料から核酸を抽出・精製したDNA溶液を使って行いますが、ダイレクトPCRでは、核酸を分離せずに、細…

pETシステムにおけるタンパク質発現誘導のポイント

発現誘導における3つのチェックポイント pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシステム…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…

NAWATE.INFO RSS