1. ホーム
  2. ベビー、キッズ、マタニティ
  3. 子ども服、シューズ
  4. 子ども用ファッション小物
  5. 帽子 ハット THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)4,950円
新着 注目の 帽子 ハット THE NORTH FACE ノベルティ ホライズン 22 47〜56cm 4 950円 nawate.info nawate.info

帽子 ハット THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)4,950円

1485円

帽子 ハット THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)4,950円

ZOZO問い合わせ番号:66177465
ショップ:BEAMS WOMEN,ビームスウィメン
ブランド:こども ビームス,コドモビームス,THE NORTH FACE,ザノースフェイス
商品名:THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)
カテゴリ:帽子gt;ハット
ブランド品番:55-41-0771-594
素材:本体:ナイロン100% メッシュ部:ポリエステル100%
原産国:ベトナム製
カラー:ブラウン系その他3
サイズ:KM(50-53),KL(54-56),KS(47-49)










ZOZO問い合わせ番号:66177465
ショップ:BEAMS WOMEN,ビームスウィメン
ブランド:こども ビームス,コドモビームス,THE NORTH FACE,ザノースフェイス
商品名:THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)
カテゴリ:帽子gt;ハット
ブランド品番:55-41-0771-594
素材:本体:ナイロン100% メッシュ部:ポリエステル100%
原産国:ベトナム製
カラー:ブラウン系その他3
サイズ:KM(50-53),KL(54-56),KS(47-49)

帽子 ハット THE NORTH FACE / ノベルティ ホライズン ハット 22(47〜56cm)4,950円

子供服 キムラタン Bobson(ボブソン) 帽子 (48〜56cm) 男の子 48cm 50cm 52cm 54cm 56cm1,094円
子供服 キムラタン Bobson(ボブソン) 帽子 (48〜56cm)  男の子 48cm 50cm 52cm 54cm 56cm1,094円

人気のテンガロンハットはダンガリー素材とチェック柄の2色展開。カジュアルコーデにピッタリ。うれしい日よけ付き。

■写真1枚目左から:サックス/ネイビーブルー
■素材 サックス…ポリエステル65%・綿35% ネイビーブルー…本体/綿100% 裏地/ポリエステル65%・綿35% ダンガリー×マドラスチェック×タータンチェック×ブロード

※日よけ布は取り外し可能です。(ボタン)
※カラーの注文間違えがないようご注意下さい。
※画面上の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合がございます。ご了承の上ご注文下さい。

男の子,男児,こども,おすすめ,トレンド,お祝い,誕生日,ギフト,贈物,幼稚園,保育園,学校,夏,夏休み,旅行,あそび,日よけ付き,テンガロンハット,チェック柄,初夏物




















人気のテンガロンハットはダンガリー素材とチェック柄の2色展開。カジュアルコーデにピッタリ。うれしい日よけ付き。

■写真1枚目左から:サックス/ネイビーブルー
■素材 サックス…ポリエステル65%・綿35% ネイビーブルー…本体/綿100% 裏地/ポリエステル65%・綿35% ダンガリー×マドラスチェック×タータンチェック×ブロード

※日よけ布は取り外し可能です。(ボタン)
※カラーの注文間違えがないようご注意下さい。
※画面上の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合がございます。ご了承の上ご注文下さい。

男の子,男児,こども,おすすめ,トレンド,お祝い,誕生日,ギフト,贈物,幼稚園,保育園,学校,夏,夏休み,旅行,あそび,日よけ付き,テンガロンハット,チェック柄,初夏物

大日商 木工ビット 両偏心トリマー RT120 トリマー用 6×120°3,385円 カムデー 焼あしするめ10gx10袋 指輪 リング レディース 18金 18K 一粒 czダイヤ ピンクゴールド 脇石 / K18GP 刻印 マタニティ 喪服 ワンピース 洗える ブラックフォーマル 授乳口付き 授乳口 授乳服 母親 ウエスト調節機能 ウォッシャブル 日本製生地 フォーマル キャロット [2022年秋新作] ムーンスター 子供靴 キッズスニーカー 急速乾燥 洗えるインソール 幅広3E 抗菌防臭 CR C2146 マルチ moonstar 5月7日発売 入荷 梅雨3,300円 汎用行先インレタ(正雀篇2) 送料無料 アサヒビール アサヒ ビアリー 香るクラフト 缶 350ml×24本 (6缶パック×4) ノンアルコール4,758円 ダイニングテーブル 単品 4人用 食卓テーブル 幅150cm セラミック 長方形 4人掛け 北欧50,999円 シャープ エアコン用交換フィルター(2枚組×1セット) SHARP LPシリーズ専用 集じん・脱臭フィルター AZ-LPSF2 返品種別A5,300円 ホンダ バイク エイプ APE 社外 クラッチ ワイヤー ケーブル 20cmロング 約1160mm 黒 ストラトレバースイッチノブ ミリ/インチ共用 ブラック tシャツ Tシャツ KANGOL/カンゴール ワンポイント ボックスロゴ ポケット付 レイヤード ビックシルエット ドロップショルダー ワッフル 半袖3,658円 SUNCO 皿CAP(UNC 【1個入】 サラCAP(UNC1/2-13X3" フィットネス水着 プリント 柄 セパレート 水着 きれいに 楽々 ミセス 40代 50代 ママ スイムキャップ セット めくれ防止 レディース 競泳水着 大きいサイズ … クッションフロア サンゲツ H-FLOOR アルベロタイル ストーン HM-10085 HM-10086 【送料無料】手打ち用 麻雀マット ジャンクマット(JUNKMAT) キャリングケース付 マージャンマット ニューバランス(new balance) ランニング Impact 5インチグラフィックショーツ インナーつき AMS01242BWB (メンズ)1,615円 ナガイレーベン 男女兼用スクラブ LX-4092 サイズS Tネイビー+ターコイズ6,006円 ナチュラルハーベスト クリルオイル-35粒1,760円

CRISPR-Cas9の導入方法(プロトコール)と応用例とは?

CRISPR-Cas9は世界中の研究室で使われており、この記事の読者の中には「そろそろ自分の研究でもCRISPR-Cas9を使って実験をしたい」と考えている人が…

「逆合成解析」とは?基本的考え方から便利ソフトまでご紹介

複雑な化合物の構造を解析し、そのベストな合成ルートを合理的に立案する手法を「逆合成解析」と呼びます。本記事では、炭素の極性を基礎とした結合の切断、環形成の方法な…

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

メタボローム解析で何がわかるの?何をするの?基礎から徹底解説

「メタボローム解析」という言葉が生命科学の中で広く知られるようになってきましたが、具体的に何をする手法なのか想像しにくいのも確かです。そこで今回は、メタボローム…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

細胞死とは、機能不全に陥った細胞が死ぬことだけを意味するものではありません。生命活動においては、しばしば能動的な遺伝子発現による計画的な細胞死「プログラム細胞死…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

クロスカップリング反応の基礎

有機合成における重要な反応、クロスカップリング反応とは 有機合成化学において、炭素-炭素結合の生成は常に最重要なテーマです。ただし炭素と炭素を結合させるのは一…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

チェコ プレシオサ シードビーズ ミックス チェコビーズ ガラスビーズ 約45g=約1900個 色をお選びください 約1.4~1.8mm×2.2~2.5mm

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―前編―

「新しい」とは何か ―諸藤先生のご経歴を教えて下さい。 京都大学の吉田潤一先生のもとで博士号を取得し、花王の研究所に2年勤務した後、学習院大学で採用され、2…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

コンタミネーションを防ぐ!無菌操作の基本と注意点

無菌操作 細胞培養において最も重要なのは、細胞以外の細菌、真菌、マイコプラズマなどの微生物によって細胞が汚染(コンタミネーション)されるのを防ぐことです。実験…

ウェスタンブロッティングとローディングコントロールの重要性

ウェスタンブロッティング 1979年にウェスタンブロッティングについて初めての論文が発表されて以来(Renart et al., 1979)、この免疫検出技術…

受容体拮抗薬を選ぶときの3つのポイント

拮抗薬の選択が実験の質を決める 生体内の受容体分子に作用して神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する受容体拮抗薬(アンタゴニスト)は、遮断薬や阻害剤とも呼ば…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

阻害剤マスターの道!酵素反応の実験系を正しく構築するには

酵素反応の実験系を構築するときの注意点とは 生化学的な酵素反応を定量するときは、さまざまな条件を考慮して実験系を構築します。特に最大反応速度の測定には、反応系…

細胞間情報伝達を担う受容体の働きとは

受容体とは何か 多細胞生物の体内では、無数の細胞が連携して働いています。その複雑な共同作業を実現するため、細胞間では様々な情報伝達が行われていますが、その方法…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

<研究最前線>触媒で編み出す100年来の新体系

新たな体系を作りたい 2018年、有機化学分野の若手研究者に与えられるベイダー賞の受賞者の一人に、佐藤弘規博士(当時テキサス大学オースティン校)が選ばれました…

<研究者インタビュー>世界ではばたく背景にある“different”

中途での決断 ―佐藤さんのご経歴を教えて下さい。 研究の道の第一歩として、東京大学の中村栄一先生の研究室を選びました。そちらでは、鉄触媒を用いたC-H結合活…

タンパク質精製処理の時間短縮!Amicon Pro精製システムのすべて

タンパク質の精製処理を1つのデバイスに集約 タンパク質の構造や機能を解析するためには、高純度で高活性のタンパク質を確実に回収することが重要です。そのためタンパ…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

超高感度イムノアッセイ、SMCテクノロジーとは

高感度の定量を実現可能にしたSMCテクノロジー 疾患研究および創薬開発研究においては、血清、血漿、唾液、脳脊髄液などの生体サンプルに含まれる疾患関連分子バイオ…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

研究留学をネットワークで徹底サポート!UJAとは

研究留学、最初の一歩を踏み出すために 研究留学と聞いて、皆さんはなにを思い浮かべるでしょうか?「英語が苦手でもう少し準備ができてから」「慣れない土地での生活で…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

揮発性有機化合物との付き合い方、シックハウス症候群を例に

揮発性有機化合物が引き起こす「シックハウス症候群」 揮発性有機化合物(VOCs:Volatile Organic Compounds)は、実験のほかにも溶剤と…

すぐに役立つ!失敗例から学ぶウェスタンブロット

実験失敗の原因を知ろう ウェスタンブロットは、ライフサイエンス実験の基本的なテクニックですが、他の実験と同じく正確な結果を出すためにはある程度の慣れと経験が必…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

<研究者インタビュー>平山祐-蛍光プローブ開発に至るまで

鉄イオンを高選択的に検出するプローブ開発で、ケミカルバイオロジー分野において注目を集める平山祐先生。研究者になるまでの経緯や、若手研究者へのメッセージを語ってい…

<研究最前線>平山祐-細胞内の「危険物」鉄イオンを追跡せよ

「フリーの鉄」の危険性 よく知られている通り、鉄はヘモグロビンや各種酸化還元酵素に含まれ、生体において不可欠な役割を演じています。このため人体内には常に4~5…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

燃料電池の要!高分子電解質「ナフィオン」とは

アポロ計画の燃料電池にも使われた「ナフィオン」 燃料電池の固体電解質および電解隔膜として根強いニーズを誇り、新たな用途を創出し続けるナフィオン(Nafion®…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

研究成果の向上にもつながる化学物質の安全管理

化学物質の安全な取り扱いのために 日頃から実験、研究を行っている人にとって、化学物質は身近な存在です。しかし、それは常に危険と隣り合わせにあるということを意味…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

バッファー交換は限外ろ過で効率的に!

限外ろ過を用いたバッファー交換なら作業時間を短縮できる 「限外」とは、制限範囲の外、限度以上という意味を表します。英語では「ultra」。「過度の」「極度の」…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

失敗しない研究室の選び方

研究室選びのために必要な3つのこと いったん所属すれば、毎日通って長時間過ごすことになる研究室。その選択が、将来の進路を左右することもあります。人生の大事な局…

研究者の海外留学。経験者が語る5つのメリット

経験者が語る海外留学のメリット 博士課程になり進路を考える段階になると、海外留学も視野に入ってきます。日本を飛び出しキャリアを積んでいくことは、多くの人にとっ…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究における有用性

iPS 再生医療だけではない。創薬研究にも有用。 ひとつの新しい薬を世に送り出すのは非常に困難なプロジェクト。創薬の過程に費やされる期間は一般的に10年以上か…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

シマノ ブレーキシュー M50T (Y8BC98100) バイシクル パーツ SHIMANO609円

研究や医療で活用される酵素阻害剤とは

酵素阻害剤の重要性 酵素阻害剤は、生物学的プロセスの研究に用いられるほか、疾患を緩和する治療薬や、殺虫剤、農薬など様々な用途で活用されています。 この記事の…

研究者が「ぼっち」から抜け出しネットワークを構築する方法

研究室でひとりぼっちは、むしろ絶好のチャンスと考える 多くの理系学部が4年で研究室に配属されます。同じ研究室に配属されるのは多くて数人、中には同じ学年はひとり…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

<研究最前線>PETプローブの簡便作成を可能にした有機合成の技術

見たい分子をPETプローブに変えられる有機合成の技術とは PETはポジトロン断層法(positron emission tomography)の略で、生体の機…

<研究者インタビュー>丹羽節―有機化学で生命科学の新たな道を切り開く

異分野の研究者たちと交流を 理化学研究所生命機能科学研究センターでは、複数の異分野の科学者たちが協同してさまざまなプロジェクトが行われています。この記事では、…

NMR測定の失敗リスクを回避するおすすめ実験器具と装置

貴重な試料を無駄にしないための工夫 有機化学の研究には欠かせないNMR(核磁気共鳴)法。ライフサイエンスの分野でもタンパク質や核酸の立体構造の解析に必要です。…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

使い分けが重要!メンブレンフィルターとプレフィルターの違いとは

有形物を表面で捕捉するメンブレンフィルター スクリーンフィルターや精密ろ過膜とも呼ばれるメンブレンフィルターは、一定の大きさの菌体や粒子などの有形物、不溶物を…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

抗体の仕組みと種類を理解しよう

まずは抗体について理解しましょう 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降大きく進歩し、ライフサイエンス研究の…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ペプチド固相合成で用いる樹脂について(Fmoc法とBoc法)

ペプチド固相合成用樹脂とは ペプチド固相合成において、最初のアミノ酸のC末端の保護基として機能するのが不溶性樹脂担体です。反応させたいアミノ酸を樹脂に結合させ…

医薬品の元素不純物ガイドラインと分析のための認証標準物質

元素不純物の混入レベルを管理するために 医薬品への金属の混入は「元素不純物」と呼ばれ、いくつもの汚染源から発生します。医薬品の合成時に意図的に添加される場合や…

実例を紹介!限外ろ過技術の活用方法

限外ろ過の様々な用途 限外ろ過は「濃縮」「脱塩・バッファー交換」「精製・分画」「除タンパク」など、ライフサイエンス研究における様々な用途に使うことができます。…

バッファー使用時の注意点と選択のポイント(バッファーの基礎知識)

生体内の環境を理解して最適なバッファーを選択しよう 生命活動を担う生体分子のほとんどは、生体内の体液の中で反応を起こし、その作用はpHに依存してます。ライフサ…

PCR産物を精製して高純度のDNAを得る簡単な方法

PCR産物を便利なキットで精製しよう PCRで増幅したDNA溶液(PCR産物)を用いてシークエンスを行う場合、PCR反応液に含まれるプライマーやdNTPなどシ…

pETシステムにおけるタンパク質発現誘導のポイント

発現誘導における3つのチェックポイント pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシステム…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…

NAWATE.INFO RSS