くすのき小学校 開校式典

四條畷北出小学校と四條畷西小学校の統廃合により、新設となった、くすのき小学校
11月26日、正式に開校式典を行った。その際に、発表された新たな校歌の作詞作曲は、旧西小学校卒業生の山口智充(タレント)さん。ご本人より、子どもたちへのビデオレターも紹介され、「開校式典」を大いに盛り上げました。

–平成18年11月28日付 産経新聞より抜粋–

大阪府四條畷市の市立四條畷西小と北出小の2校が統合して今年4月に開校した「くすのき小」が26日、開校式典を行い、新しい校歌が披露された。作詞・作曲したのは、西小出身の人気タレント、“ぐっさん”こと山口智充さん(37)。「夢」や「希望」にあふれた歌詞で、山口さんらしい明るい校歌となった。

山口さんは同市出身で、昭和50年から西小に通った。少子化のため合併したばかりのくすのき小には校歌がなく、山口さんの同級生が6月に依頼。「子供たちのためなら」と引き受け、10月初めに完成した。
曲調は、明るく弾けるようなメロディーが特徴。山口さんは人気ユニット「くず」でも作詞、作曲を手がけてヒット曲を生み出しているだけあって、児童たちに「歌いやすい」とすぐに受け入れられたという。
歌詞は「大きな夢もって前だけを向いて歩こう」などと前向きで、子供たちを思いやる言葉が並んだ。

この日の開校式典では、児童ら約600人が、約1カ月間練習してきた成果を生かし、できたばかりの校歌を力強く歌った。山口さんは式典にはでられなかったが、「元気に歌って、友達と仲良く明るい笑顔を見せてください」とビデオメッセージを寄せた。
竹内千佳夫校長は「どこにも聞いたことのない斬新な校歌で、学校が続く限り永遠に歌い継いでいきたい」と話していた。
-------------抜粋おわり———
山口智充さん(タレント)については、「ぐっさんの部屋」でどうぞ。

カテゴリー: ニュース | コメントする

市民のみなさんと“生”対話

11月21日午後3時から、市長室で開催の「市長とのふれあい対話」。

すでに第23回。市民のみなさんと率直な意見交換を行いました。今後も、ふるってご参加下さい。

(事前申し込み制です。詳しくは、市役所の秘書広報担当まで、ご遠慮なくどうぞ)

カテゴリー: 田中夏木 | コメントする

環境基本計画

11月9日に開催された第4回四條畷市環境審議会において、四條畷市環境基本計画(案)について諮問を行いました。昨年12月には計画案に対する市民意見募集も実施しながら検討を進めているところです。

kankyo2006.gif

この環境基本計画は、昨年6月に制定された四條畷市環境基本条例が掲げる理念の実現に向けて、市・市民・市民団体及び事業者が協働して環境保全のための取り組みを進めていく指針となる基本的な計画として位置付けられます。
(詳細は、こちら市役所サイトを参照下さい)

カテゴリー: 田中夏木 | コメントする

第3回 四條畷楠公祭り開催決定

平成19年4月1日(土)まつり本番
※前夜祭は3月31日
四條畷神社及び小楠公墓所周辺~参道にて。

★H18年10月29日 市民の集いで、お祭りの宣伝を行います。

カテゴリー: 文化 | コメントする

第32回市民の集い&なわてよさこいフェスティバル

四條畷市最大イベントの“市民の集い”!そして、今回は野外ステージにて、“なわてよさこいフェスティバル”が同時開催されます。※車での来場はできません

日時:平成18年10月29日(日)
午前9時30分~4時30分頃
場所:四條畷西中学校校庭市民総合体育館駐車場

★なわてよさこいフェスティバル 12:00~15:00
四條畷西中学校・野外ステージにて

20を超えるチーム数と観客も巻き込んだ総踊り!
関西京都今村組プロデュースによる、よさこいフェスティバル

——いずれも、市報 チラシより、引用

カテゴリー: 文化 | コメントする

10月21日 民謡フェスタ

日時:平成18年10月21日(土)
開場:午後12時30分 開演:午後1時
場所:四條畷市立市民総合センター大ホール
主催:日本民謡 藤本春玖美会
後援:四條畷市文化協会・四條畷市老人クラブ連合会・楠公まつり実行委員会

カテゴリー: 文化 | コメントする

篠笛・楠座のWebサイトがオープン

なわてお囃子保存会に所属する「しの笛・楠座」WEBサイトができました。

出演や練習日程など詳細は、こちらへ
新規メンバーは、随時募集しています。

カテゴリー: 文化 | コメントする

最重要課題は財政の健全化

平成18年(2006年)10月1日

田中夏木です。
ishin.gif
8月27日に行なわれた市長選挙におきまして、市民の皆さまのご支持を得て、引き続き市政を担当させていただくことになりました。
これまで進めてきた行財政改革をさらに進めるとともに、市民の皆様との協働によるまちづくりを行い、次代を担う子どもたちに誇りをもって引き継いでいける四條畷市にすることが、私に課せられた使命だと思っており、これからの4年間、全力で取り組んでまいります。

9月19日に開会された定例市議会で、2期目の市政運営に臨む所信の一端を述べました。
今後4年間の任期内に、「人権尊重のまちづくり」、「財政の健全化」、「協働によるまちづくり」、「透明な行政運営の推進」、「郷土愛・家族愛を育む心豊かな教育と主体的な健康づくりの推進」の5つの基本理念に基づいた政策を実行してまいります。
基本的な取組みは、次のとおりです。

続きを読む “最重要課題は財政の健全化” »

カテゴリー: 田中夏木 | コメントする

第2期所信表明の内容

9月19日(火)の第3回定例会で行われた田中夏木市長の所信表明。主な内容を抜粋しました。

「日本一の行政運営を実現し元気で愛情あふれる我がまち四條畷に」との思いで「続なわて維新物語」をキャッチフレーズに、

◆人権尊重のまちづくり
◆財政の健全化
◆協働によるまちづくり
◆透明な行政運営の推進
◆郷土愛・家族愛を育む心豊かな教育と主体的な健康づくりの推進

の5つの基本理念を掲げ、さらなる市政改革にへ全力を注ぎ、市民が安心して暮らせるまちづくりを進めていきたいと所信を表明しました。

◆財政の健全化

①自主財源の確保のため、砂・蔀屋地区の空閑地における商業業務系
施設の集積などの新たな財源の開拓をはじめ、さまざまな観点から収入
を確保する。
②職員の採用抑制や市民ニーズに効果的に対応できる簡素で効率的な
行政組織の構築、及び庁内の情報化の推進などで、徹底した行政のスリ
ム化を図る。
③民間にできることは民間でを基本にあらゆる部門において民間委託
の推進を検討するとともに、司令塔として設置した行政経営室をより一
層充実させ、職員のマネジメント意識・コスト意識のさらなる徹底を図
る。

◆市民ニーズへの的確な対応

①市民の皆さまとの対話の場としてタウンミーティングを開始し、広
く市民ニーズの把握に努め、市民サービスの向上を図る。
②シルバー人材センターの施設を活用した高齢者の生きがいづくりに
取り組む。

◆市民との協働によるまちづくりの推進

①パブリックコメント制度を導入し、市民から広く意見を求める。
②誰もが安心していきいきと暮らせるように地域福祉などを基本とし
た福祉施策の推進や、市民の主体的な健康づくりを支援する。

◆安心・安全なまちづくり

①地域防災計画に基づき自主防災組織の設置や活動を支援するととも
に、防災訓練などを適宜実施し、災害時に備えた取り組みを行う。
②地域の方々や各団体のご協力のもと、子どもたちの安全確保に努め
るとともに、防災や防犯対策が行き届いた環境づくりを推進する。
③地域で安心して子育てができるように市内保育所待機児童の解消や
在宅子育て家庭の支援など、「なわて子どもプラン」に基づいた子育て・
子育ち支援に努める。

◆ふるさと「しじょうなわて」の創造

①大阪を代表するまつりに発展させるために「四條畷楠公まつり」を
引き続き支援する。
②広報メディアを活用した地域観光のPRに取り組むなど郷土愛の育
成に努める

カテゴリー: 田中夏木 | コメントする

第2期 田中夏木市長 所信表明

9月19日(火) 第3回定例会(初日)に田中夏木市長の所信表明が行われました。

平成18年度市長所信表明

平成18年度第3回定例会日程表は、こちら

カテゴリー: 田中夏木 | コメントする