1. ホーム
  2. 家具、インテリア
  3. キッチン収納
  4. キッチンカウンター
  5. キッチンカウンター 作業台 間仕切り 下 収納 キッチン収納 おしゃれ 食器棚 レンジ台 カップボード キッチンボード キッチンラック ロウヤ LOWYA49,990円
キャンペーンもお見逃しなく 人気スポー新作 キッチンカウンター 作業台 間仕切り 下 収納 キッチン収納 おしゃれ 食器棚 レンジ台 カップボード キッチンボード キッチンラック ロウヤ LOWYA49 990円 nawate.info nawate.info

キッチンカウンター 作業台 間仕切り 下 収納 キッチン収納 おしゃれ 食器棚 レンジ台 カップボード キッチンボード キッチンラック ロウヤ LOWYA49,990円

24995円

キッチンカウンター 作業台 間仕切り 下 収納 キッチン収納 おしゃれ 食器棚 レンジ台 カップボード キッチンボード キッチンラック ロウヤ LOWYA49,990円

※送料無料
※北海道:送料+別途2,500円


フライパンなどのワイドなキッチン用品も収納できる、オシャレなヴィンテージ風キッチンキャビネットです。

サイズ:幅119x奥行45(取っ手含め48)x高さ90cm

素 材
・タモ材突板/MDF(ラッカー塗装)
・スチール(エンボス加工粉体塗装)
・5mm強化ガラス

カラー:ブラウン、ナチュラル/ブラック

重 量:約56kg

耐荷重
・天板:約30kg
・各棚:約5kg
・スライド棚:約15kg

梱包サイズ:125x51x90cm(約60.5kg)

備 考
※半完成品。
※天板は耐水加工はしておりません。
水がこぼれたらサッと乾いた布等で拭き取ってください。

クレモキッチンキャビネットW119

ロウヤ







※送料無料
※北海道:送料+別途2,500円


フライパンなどのワイドなキッチン用品も収納できる、オシャレなヴィンテージ風キッチンキャビネットです。

サイズ:幅119x奥行45(取っ手含め48)x高さ90cm

素 材
・タモ材突板/MDF(ラッカー塗装)
・スチール(エンボス加工粉体塗装)
・5mm強化ガラス

カラー:ブラウン、ナチュラル/ブラック

重 量:約56kg

耐荷重
・天板:約30kg
・各棚:約5kg
・スライド棚:約15kg

梱包サイズ:125x51x90cm(約60.5kg)

備 考
※半完成品。
※天板は耐水加工はしておりません。
水がこぼれたらサッと乾いた布等で拭き取ってください。

クレモキッチンキャビネットW119

ロウヤ

キッチンカウンター 作業台 間仕切り 下 収納 キッチン収納 おしゃれ 食器棚 レンジ台 カップボード キッチンボード キッチンラック ロウヤ LOWYA49,990円

キッチンカウンター ゴミ箱上ラック レンジラック 両面使える 作業台 120cm キッチンラック レンジ台 おしゃれ 北欧 シンプル キッチン 収納 間仕切り (A)
キッチンカウンター ゴミ箱上ラック レンジラック 両面使える 作業台 120cm  キッチンラック レンジ台 おしゃれ 北欧 シンプル キッチン 収納 間仕切り (A)

○インテリアをディスプレイしながら、収納出来るキッチンカウンター
○両面使えるから、限られたスペースを有効的に使える!
 作業スペース・目隠し・間仕切りとして
○充実の収納力でキッチンまわりがすっきり!一人暮らしや追加の収納としてもおすすめ!
○フタ付きのゴミ箱にも対応する、ゴミ箱スペース
○収納物に合わせてピタッと収納出来る、可動棚スペース
○可動棚は、左右入れ替え可能!
○調理作業しやすい!高さ設計
○収納棚としても飾り棚としても♪2つの収納を兼ね備える背面収納スペース
○サイドバーにはS字フックを活用して、小物やスプレー等もかけやすい
○安心してお使いいただける頑丈設計
○水まわりでも安心!水や汚れに強い素材を使用

■サイズ
幅120x奥行57.5×高さ84.5cm

■商品重量
約29.1kg

■梱包サイズ
〔1梱包〕
125×40×16cm

■仕様
合成樹脂粧繊維板(メラミン樹脂加工)
スチール(粉体塗装)


■備考
お客様組立(組立時間目安:大人2人で75分)

■ご購入前の注意事項
※デザインや商品仕様などは予告なく変更する場合がございます。
リピート注文などで同じ仕様のものをご希望される場合はご注意ください。




















○インテリアをディスプレイしながら、収納出来るキッチンカウンター
○両面使えるから、限られたスペースを有効的に使える!
 作業スペース・目隠し・間仕切りとして
○充実の収納力でキッチンまわりがすっきり!一人暮らしや追加の収納としてもおすすめ!
○フタ付きのゴミ箱にも対応する、ゴミ箱スペース
○収納物に合わせてピタッと収納出来る、可動棚スペース
○可動棚は、左右入れ替え可能!
○調理作業しやすい!高さ設計
○収納棚としても飾り棚としても♪2つの収納を兼ね備える背面収納スペース
○サイドバーにはS字フックを活用して、小物やスプレー等もかけやすい
○安心してお使いいただける頑丈設計
○水まわりでも安心!水や汚れに強い素材を使用

■サイズ
幅120x奥行57.5×高さ84.5cm

■商品重量
約29.1kg

■梱包サイズ
〔1梱包〕
125×40×16cm

■仕様
合成樹脂粧繊維板(メラミン樹脂加工)
スチール(粉体塗装)


■備考
お客様組立(組立時間目安:大人2人で75分)

■ご購入前の注意事項
※デザインや商品仕様などは予告なく変更する場合がございます。
リピート注文などで同じ仕様のものをご希望される場合はご注意ください。

こちらは、「幅120cm 背板付きキッチンカウンター」の販売ページです。
日本製 サボサンダル レディース クロッグサンダル コンフォートシューズ 黒板 チョークボード スプレー1,480円 アディダス(adidas) ジュニア クライマライト 3/4 トレーニングパンツ FTK10-DV1418 (キッズ) キュキュット Natural Days+除菌 ワイルドフラワーアンドハーブ つめかえ用 770ml 花王 返品種別A428円 ロアカー クワドラティーニ 110g ウエハース スイーツ お菓子 グルメ356円 【10%OFFクーポン対象 6/26迄】ノースフェイス(THE NORTH FACE) GTDキャップ NN02272 K ナイトラン (メンズ)3,555円 テント アウトドア キャンプテント ドーム型テント 2人~4人用 自立式 二重層 コンパクト 耐水圧3000mm 超軽量 組立簡単 WirusWin WirusWin:ウイルズウィン スタイリッシュツインマフラー バズーカータイプ グランドマジェスティ 25047,850円 コッタレスクランク抜き・カートリッジBB・ボス抜き・チェーンカッター4点セット YZN013 盆提灯 盆ちょうちん 『門提灯台 (桜) 高さ194cm 安心の国産品』|提灯 スタンド 初盆 新盆 フェローズ/オートフィードシュレッダー ミニカット/100M ●OT022126NR LEDフロアスタンド 白熱灯器具100W相当 R15高演色 クラス2 昼白色 非調光 オーデリック 照明器具18,942円 『予約受付中!7月初旬頃より順次出荷予定』iittala イッタラ Valkea ヴァルケア キャンドルホルダー 60mm セビリアオレンジ2,390円 【期間限定♪15%OFFクーポン配布中!】 タープテント 1~2人用 テント スクエアタープ 5色 UVカット99% キャンプ アウトドア ピクニック かわいい 春 夏 倉庫 ペットアイ いつものごちそう かつおまぐろ 400g ペットフード おやつ アルミラダー ステップ4段 デッキステップ オートエースマリン YAMAN メディリフト プラス 50gゲルセット 【あわせ買い2999円以上で送料無料】つきつきホータイ Lサイズ サンダル フェイクレザー レースアップサンダル3,850円

「逆合成解析」とは?基本的考え方から便利ソフトまでご紹介

複雑な化合物の構造を解析し、そのベストな合成ルートを合理的に立案する手法を「逆合成解析」と呼びます。本記事では、炭素の極性を基礎とした結合の切断、環形成の方法な…

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

グリーンケミストリーとは何か?有機合成化学者ができること

有機合成化学者がふだん行なっている研究の中でも使える、環境負荷の少ない試薬や代替溶媒、ワークアップ法を紹介。また、グリーンケミストリーの基本的な考え方、定量的な…

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

細胞死とは、機能不全に陥った細胞が死ぬことだけを意味するものではありません。生命活動においては、しばしば能動的な遺伝子発現による計画的な細胞死「プログラム細胞死…

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

クロスカップリング反応の基礎

有機合成における重要な反応、クロスカップリング反応とは 有機合成化学において、炭素-炭素結合の生成は常に最重要なテーマです。ただし炭素と炭素を結合させるのは一…

図解で分かる!シリンジフィルターの使い方

シリンジフィルターは、分析サンプルの前処理や、細胞滅菌を行うために、溶液をろ過するデバイスです。日常的にシリンジフィルターを使っていても、フィルターの材質やサイ…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

シリコンパフ 肌パフ 日本製 TVでも絶賛 パフ メイク 化粧 リキッドファンデーション おはよう日本 まちかど情報室

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

ライフサイエンス全般を網羅!メルクの6ブランド徹底紹介

350年以上もの、長い歴史をもつメルク。 何をめざし、どのようにお客様と歩み続けてきたのか? 本記事では、メルクのミッションとビジョン、そしてその実現のため…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

【初めての論文投稿⑦】タイトルページ・アブストラクト・引用文献

ジャーナルによってタイトルの書き方は異なる 論文の本文の執筆が終わったら、いよいよ仕上げにかかります。「タイトルページ」「アブストラクト」「引用文献」など、本…

HPLC/UHPLC用サンプルを効率的にろ過する方法

分析の前処理をもっと効率的に クロマトグラフィーによる分析を行う際には、試料を前もって分析に適した状態に調製しておくことが必要です。特に高速液体クロマトグラフ…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

逆相HPLCカラムを行う前に知っておいてほしいこと

8種類のオクタデシルシリルカラムを比較 オクタデシルシリル(以下、ODS)カラムは、逆相クロマトグラフィーでよく用いられるカラムです。汎用性が高く分析化学の領…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

TrueGel3Dによる3D培養 その概要と使用例

期待が高まる3D培養技術 従来の二次元的な細胞培養(2D)は、細胞が平面に増殖するため、生体内の立体的な環境とは異なる状態であるという課題がありました。一方、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

吸湿による試薬の固化を防ぐ「Redi-Dri™」とは

吸湿性試薬の「塊」に困っていませんか? 開封して時間が経つと、試薬ボトルの中で水分を吸収する吸湿性試薬。水分を吸収した試薬はボトルの中で固化し、塊を形成します…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<注目ベンチャー>病気を「視る」薬を創る

2010年に大学発の技術を世に送り出すべく創業し、蛍光プローブの製造・販売を専門とする五稜化薬。唯一無二の製品で世界市場でも成功を収めています。そして現在同社は…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

担当者が語る!シグマ アルドリッチカスタム製品が選ばれる理由

ライフサイエンスの研究では、カタログにはない試薬が必要になることがあります。特にプライマーやペプチドなどは、必要なオリゴDNAやペプチドの設計だけを考え、作製を…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

阻害剤調製時に知っておきたい5つのポイント

間違った扱い方が阻害剤の効果を激減させる 生物の体内でさまざまな働きを担っている生理活性物。その一部は阻害剤として利用でき、生命の仕組みや体内分子の機能を調べ…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

押さえておきたい、ろ過手法とフィルターの基礎知識

ろ過の基本をマスターしよう ライフサイエンスの実験から身近な日常生活に至るまで、さまざまな分野で利用されている「ろ過」。例えば、ドリッパーとペーパーフィルター…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

細胞間情報伝達を担う受容体の働きとは

受容体とは何か 多細胞生物の体内では、無数の細胞が連携して働いています。その複雑な共同作業を実現するため、細胞間では様々な情報伝達が行われていますが、その方法…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

臨界ミセル濃度からHLBまで。界面活性剤の用語解説

界面活性剤の性能に影響を及ぼす因子 多くの研究室で利用されている界面活性剤。様々な種類が市販されていますが、その性能は、実験に使用する際の濃度やイオン強度、p…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

親水基の種類に注目!界面活性剤の3つの分類

界面活性剤の分類 疎水基と親水基による様々な組み合わせから、市販される界面活性剤には数多くの種類があります。しかし、その選択肢の多さから、どれを使ったらよいか…

PCRによるマイコプラズマ感染の検出法

細胞培養とマイコプラズマ感染 マイコプラズマによる培養細胞の感染は、実験に大きな影響を与えます。通常、マイコプラズマによる感染で哺乳動物細胞が死滅することはあ…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

すぐに役立つ!失敗例から学ぶウェスタンブロット

実験失敗の原因を知ろう ウェスタンブロットは、ライフサイエンス実験の基本的なテクニックですが、他の実験と同じく正確な結果を出すためにはある程度の慣れと経験が必…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

燃料電池の要!高分子電解質「ナフィオン」とは

アポロ計画の燃料電池にも使われた「ナフィオン」 燃料電池の固体電解質および電解隔膜として根強いニーズを誇り、新たな用途を創出し続けるナフィオン(Nafion®…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

失敗しない研究室の選び方

研究室選びのために必要な3つのこと いったん所属すれば、毎日通って長時間過ごすことになる研究室。その選択が、将来の進路を左右することもあります。人生の大事な局…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究における有用性

iPS 再生医療だけではない。創薬研究にも有用。 ひとつの新しい薬を世に送り出すのは非常に困難なプロジェクト。創薬の過程に費やされる期間は一般的に10年以上か…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

<研究者インタビュー>丹羽節―有機化学で生命科学の新たな道を切り開く

異分野の研究者たちと交流を 理化学研究所生命機能科学研究センターでは、複数の異分野の科学者たちが協同してさまざまなプロジェクトが行われています。この記事では、…

細胞培養を始める前に。守るべき注意点と無菌テクニック

細胞培養における基本的な注意点 細胞培養の基本操作には、コンタミネーションを防ぎ安全に実験を進めるために、やるべきこととやってはいけないことがあります。他の研…

NMR測定の失敗リスクを回避するおすすめ実験器具と装置

貴重な試料を無駄にしないための工夫 有機化学の研究には欠かせないNMR(核磁気共鳴)法。ライフサイエンスの分野でもタンパク質や核酸の立体構造の解析に必要です。…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

医薬品の元素不純物ガイドラインと分析のための認証標準物質

元素不純物の混入レベルを管理するために 医薬品への金属の混入は「元素不純物」と呼ばれ、いくつもの汚染源から発生します。医薬品の合成時に意図的に添加される場合や…

実例を紹介!限外ろ過技術の活用方法

限外ろ過の様々な用途 限外ろ過は「濃縮」「脱塩・バッファー交換」「精製・分画」「除タンパク」など、ライフサイエンス研究における様々な用途に使うことができます。…

バッファー使用時の注意点と選択のポイント(バッファーの基礎知識)

生体内の環境を理解して最適なバッファーを選択しよう 生命活動を担う生体分子のほとんどは、生体内の体液の中で反応を起こし、その作用はpHに依存してます。ライフサ…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

RNAi実験の基礎 shRNA レンチウイルスによるノックダウン

shRNAならより長期的に遺伝子をノックダウンできる RNAiによる遺伝子ノックダウンは遺伝子の機能を解析する強力なツールのひとつです。RNAiによるノックダ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…

部位特異的変異導入(クローニングの基礎と実験のコツ)

部位特異的変異導入とは 部位特異的変異導入(Site Directed Mutagenesis, SDM)はプラスミド内の特異的な部位に変異を導入するのに有用…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

NAWATE.INFO RSS